e-sports参加のススメ

日本でも浸透しつつあるe-sports。これを機に憧れのプロゲーマーを目指したい人も多いはず。

プロゲーマーへの一番の近道は何と言っても『大会に出場すること』!!

けれど、何から手をつければいいのか分からない・・・そんな人のために、e-sports大会への出場方法をまとめました!
出場を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!!

e-sportsゲームを調べてみよう

まずはどのゲームタイトルがe-sports大会で使用されるか調査しましょう。現在「JeSU(Japan esports Union)」というプロライセンスの発行やeスポーツ大会の認定、eスポーツ選手の育成と支援を目的に活動している団体があります。コンピュータエンターテインメント協会が主導する形で設立され、日本におけるプロeスポーツ選手にとっての登竜門です。JeSUの公式サイトでは入団しているスポンサーや認定しているゲームタイトルやプロゲーマーなどが掲載されています。
はじめに情報を得る際に必要なことがここでわかるので、チェックしてみてください。

ゲームをインストールしてプレイしよう

調査をして、やってみたいゲームを見つけたら、早速ゲームを購入してプレイしてみましょう。「性能の良いPCを買ってから」と考える人もいるかもしれませんが、まずはゲームプレイの経験を重ねることを考えていきましょう。最終的にプロゲーマーとして活躍したい場合、ゲームプレイの技術力が必要となっていきます。操作に慣れ、自身のプレイスタイルを確立していきましょう。

DISCORDをインストールしよう

ゲームプレイに慣れ、マルチプレイなども板についてきたら今度はコミュニティを広げることに視点をおきましょう。

『DISCORD』とは無料通話ツールのことです。このツールはゲームプレイヤー同士で通話しながらゲームを楽しむのに特化した機能が多いため、インストールすることをオススメします。通話ツールとして有名なのはSkypeですが、DISCORDは通話をするためのチャンネルと呼ばれる通話ルームを簡単に作成でき、チャンネルのリンクをSNSなどで共有すればいつでも入ることができます。また、通話ルームから自由に出入りし、手軽に通話に参加離脱することが可能なため、オンラインで会話をしながらゲームを楽しむことができます。

大会を経営しているサイトでゲームプレイヤー登録をしてみよう

近年、eスポーツ大会を経営している会社が続々と増えています。非公式のものではなく、公式で運営しているところも多く、アマチュアからでも参加しやすい大会を開いてくれています。また、『GAMERBANK』や『JCG』といったサイトはプレイヤーとして登録し、活動をアピールすることができますので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、スポンサーの方からオファーが来るかもしれません。

プレイ動画を配信してみよう

大分ゲームプレイに自信を持てたらプレイ動画を収録してみましょう。
動画投稿サイトなどでゲームプレイを収録して配信してみると、より多くの人に自身のプレイを見てもらえることができます。大会優勝経験がない人でも実力を説明しやすいので定期的に投稿してみましょう。

チームを結成しよう

ここまでくればある程度コミュニティも築き上げられているのではないでしょうか。もし、親交深い人がいたらチームとしてタッグを組み大会出場してみましょう。ゲームタイトルによっては複数人でエントリーしなければならないこともありますので、プレイヤーとして出場するゲームと大会に出場する上での規約等をしっかりチェックしてから申し込みを行いましょう。

これで環境は整いました!!上記はあくまでも参考として受け取っていただければと思います。あなたらしいアプローチをしていってください!

トップページへ戻る